自分で判断するロスカット方法

相場が自分の予想に反して動いてしまったときにロスカットを入れておくことで、損失を最小に抑えてくれる役目を果たしてくれます。サラリーマンのようにポジションを持ったまま仕事で外出しなければならない人などは必ずロスカットを置かないと万一逆方向へ相場が動いてしまったときに大変なことになります。

ロスカットレベルの判断はどうする?

ではロスカットを置く際のロスカットレベルはどのように判断すれば良いのでしょうか?ロスカットをおくときはチャート分析をしてテクニカルポイントなどを考えて自分で判断することが大切です。ただし簡単そうに見えて言葉で言うよりも難しいのがロスカットです。このオーダーのやり方次第で勝敗の分かれ目が決まってしまいます。

たまに置いておいたロスカットレベルよりもわずか1pips下に相場が動いてしまったためにポジションを失い、その後反転して利益が全く出なかったという経験をした方もいると思います。そのような方はロスカットされると頭に来るのでストップ注文を入れないようにしているという人も多いです。しかしながら、ロスカットを入れずに1度や2度勝てたとしても、そのやり方を継続すればいつかは損失が拡大してしまうというリスクが高くなります。

ロスカットを設定せずに相場はいつか戻るだろうという淡い期待を抱いてもそのまま戻って来ずに、FX業者による強制ロスカットにあってしまうということも起こります。FXでは為替差益を獲ることが目的です。相場が反対方向に向かってもポジションを入れ替えられるのが大きなメリットです。ロスカットやり方を上達させてポジションの入れ替え操作を上手にすることが、トレードのコツと言えるかもしれません。