資産運用で実際に学んだこととは

資産運用に興味を持ち始めたのは、5-6年前くらいからになります。きっかけになったのは「金持ち父さん貧乏父さん」というロバートキヨサキさんの本です。同じ手法で資産運用というよりは、給料意外の収入の必要性を強く感じました。実際に、今の日本では長く勤めたところで給料はあがりませんし、年金の問題などを含めお金を貯められるどころか国に吸い取られていくばかりです。

若いうちから不労所得を

生活するのがやっとという暮らしはしたくありません。若いうちから資産運用に興味を持ち実際にはじめていくことで、ゆくゆくは不労所得で生活していけたらと考えています。まだとても不労所得で生活というレベルには達していませんが、3年くらい前から株や債権を買い始めました。

当時あった少ない貯金の中から少額で練習して今は当時の10倍くらいの金額で運用しています。もちろん、まだまだ自分が理想としているレベルには達していません。が、実際に取り組むことによっていろんな金融商品や自分なりに勉強できることが多く楽しんでいます。

あいにく、まわりには資産運用の話ができる人がいないので、ほとんど書籍やインターネットでの情報で乗り切っています。まだまだ納得できるような資産運用ではないので、もっと力をつけていきたいです。