勝つためのFXトレードを学ぶ

常に動いている為替相場はいろいろ考えを持つ投資家が参加しており、それらの人は相場を動かす要因について常に関心を払っています。FX取引に不可欠になるのが相場のテーマや情報量ですが、その時々の政治・経済情勢によって相場を動かすテーマが変わってきます。そのテーマに沿ったFXトレードができればより勝ちやすくなるということになります。

相場が動くのはなぜ?その要因とは

各国の重要な経済指標もそのテーマを決める大きな要素となります。例えばアメリカの雇用統計です。米国雇用統計とは、毎月題意週目の金曜日に発表され、製造業者就業者数や週労働時間や時給の上昇率など10項目以上の数値から成っています。一番注目されている数値は非農業部門雇用者数です。この数値は全米30万以上の企業や事業所に対してどれくらいこようが増えたか減ったのかをヒアリングして集計したものです。そして、非農業部門雇用者数の次に重要な数値が失業率です。こちらは労働省が各家庭に直接調査を行い就業中か失業中かを聞き取って調査して出した数字です。

相場を動かすとても重要な指標なので、発表直後のスプレッドは数秒で数十pips〜100pips以上動くこともあるほどです。雇用統計の発表前には発表数値を見極めようとするトレーダーが増えるので、相場は閑散とした動きになります。予想された数値と発表された数値に大きな乖離があった場合、相場はよく動く傾向があります。FX初心者の方はこの指標時の動きをつかんで取引できるようになると成績が向上するかもしれません。まずはFX初心者入門ナビというサイトをくまなく見て知識をインプットしてみましょう。

初心者が選ぶべきFX口座はFXの人気ランキングから探してみよう!口座の取引量やスプレッド、FX業者の信頼度などの各カテゴリーの最新FX業者ランキングを見て自分の最適な口座を開設してみよう!

このように相場が動くときほどトレードで勝ちやすいので、指標発表時はリアルタイム性の高い情報をスピーディーに入手できる環境を持っている人が圧倒的に有利になります。個人トレーダーの方でもFX業者が提供するリアルタイム情報を効率よく取得できるように努めた方が勝率アップにつながるでしょう。